2014年01月09日

宇宙空間を体験!

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年明け早々映画を観てきました!

『ゼロ・グラビティー』(IMAX 3D)
監督・脚本:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック,ジョージ・クルーニー
ストーリー:
地表から600キロメートルの宇宙空間でハッブル宇宙望遠鏡の修理ミッションを行っていたスペースシャトル乗員達を、ロシアによる衛星爆破によって生じた宇宙ゴミ(スペースデブリ)が襲う。この事故によって宇宙空間に投げ出され地上との交信も断たれるという絶望的な状況に置かれた女性宇宙飛行士(サンドラ・ブロック)が死力をふりしぼって地上への生還を目指す。

Gravity_photo.jpgこれはかなり特別な映画だと言っていいです。一応上に書いたようなストーリはありますが内容的にはまあ「予想の範囲内」と言う感じですし、これを読んだだけではこの映画の面白さは10分の1も伝わらないでしょう。この映画の醍醐味は、無重力の宇宙空間における事故を実際に体験したかような感覚を味わえるという点にあると言えます。予備知識なしに観たら、シナリオに基づいて演じられたフィクションというより現実に起きた事故の記録映像と思ってしまうかもしれない、そんなタッチで淡々と描かれています。そういう意味で、この映画は映画館の3D映像で観て「宇宙空間」を体験することに意味があると言えるのかもしれません。

それにしても現代の映像技術は本当にとてつもないレベルに達しているのだと感心させられました。全編がほぼ無重力の宇宙空間におけるシーンなのですが、全く何の違和感もなくその映像に入り込むことができるのです。もちろん、本物の宇宙空間で撮影するわけにはいかないので、すべてCGを駆使したVFXによる「作り物」の映像のはずなのですが、そうと気付くような不自然さは一切ありませんでした。

ストーリーには、「そんなにうまくいくかなぁ」と思うようなツッコミどころはいくつもあるのですが、そんなことはどうでも良くなってしまうほど強烈な魅力がこの映画の映像にはあります。この映画はおそらく3D映画のマイルストーンの一つに数えられることになるでしょう。映画館で実際に「体験」する価値のある作品だと思います。



【恋人倶楽部COCO/福岡】 ホームページ

posted by 山岡 涼一 at 17:24| Comment(0) | I love Cinema